投稿日:2023年1月18日

重量鳶とは?知っておきたい足場鳶や鉄骨鳶との違い

こんにちは!千葉県鎌ケ谷市から市原市や市川市、松戸市といった県内エリアにかけて、各種足場工事のエキスパートとして幅広く活動している株式会社黒田組です!
皆様は鳶職の1種である重量鳶という仕事について、その業務内容を詳しくご存じでしょうか。
重量鳶という業務はその専門性の高さから比較的知名度が低く、足場鳶や鉄骨鳶と混同されることも多くなっています。
そこで今回は重量鳶と足場鳶、鉄骨鳶の違いについて、わかりやすくご紹介いたします。

さまざまな鳶の仕事

鳶高所を歩く人
鳶職人の仕事として一般的にイメージされやすいのは、建設現場において仮設足場の建設を行う足場鳶の仕事ではないでしょうか。
建設現場において高所作業を行うためには、一定以上の高さがある足場の建設が不可欠です。
そのような仮設足場を鉄パイプなどを用いて建設していくのが、足場鳶の主な業務となっています。
続いて、鉄骨鳶とは鉄骨を用いた建物の建設現場において、骨組みを組んでいく作業を行う業務となっています。
マンションやビルをはじめ、大型の建物を建設するためには鉄骨の使用が欠かせません。
鉄骨は耐久性が高く、高層の建物が自重によって壊れてしまわないよう支える役割を果たしてくれます。
そのような鉄骨を扱う業務を担う鉄骨鳶もまた、現代社会において欠かせない仕事だといえるでしょう。

重量鳶の特徴

もう1つの業務である重量鳶は、工場やプラントといった機械設備などが導入されている現場を対象として、機械などの重量物の搬入を行います。
搬入する重量物の例としては生産ラインの機械などが挙げられ、現場によっては搬入物の重量が数十トンに及ぶ場合もあります。
そのような重量物を扱うためには重機の使用が欠かせず、安全に作業を進めていくためには専門的な知識と技術が欠かせません。
これらの業務を総合的に手掛ける鳶職人は現場の花形と呼ばれることもあり、工事現場において注目を浴びる存在となっています。

【求人】黒田組では新規スタッフを募集中!

ノートNEWJOB
黒田組では現在、重量鳶などの業務を手掛ける現場スタッフを募集しています。
鎌ヶ谷市を中心に県内で活動しており、初心者の方でも安心して働いていただける環境が整っているのが特徴です。
豊富な仕事量の中で正社員として安定した収入を目指していける職場ですので、ぜひ弊社で数多くの現場に携わっていきませんか?
皆さまからのご応募お待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社黒田組
本社 〒273-0115 千葉県鎌ケ谷市東道野辺3-15-8
事務所 〒273-0122 千葉県鎌ケ谷市東初富5-8-36-105
TEL:090-5193-8348


関連記事

【求職者必見】足場工事のやりがいに迫る!

【求職者必見】足場工事のやりがいに迫る!

千葉県市川市を中心に、さまざまな規模の建物を対象とした足場工事を行なっている『株式会社黒田組』です。 …

橋梁

橋梁

昨年末から始まった橋梁部の吊り足場もかけ終わったので紹介したいと思います …

足場解体 こちらの現場も外部足場の解体が始まりました。 クレーンを使ってユニット解体 …

お問い合わせ   各種募集