こんにちは!
千葉県鎌ケ谷市を拠点に、様々な足場工事にご対応している株式会社黒田組です。

とび職にとって重要な資格は多数ありますが、実際に働きはじめて経験を積みながら資格を取得するという方も多いです。

弊社の求人でも、経験・未経験を問わずに募集していますし、実務経験がないと取得できない資格もあるのです。

たとえば「一級とび技能士」という国家資格を例に挙げると、実務経験が七年、「二級とび技能士」取得後に実務経験二年という受験資格が設定されています。
とびの親方として独立するには、この「一級とび技能士」の資格が必要となっています。
つまり足場工事をはじめるにあたって必須の資格はありませんが、仕事の範囲を広げるための資格の取得は必要でしょう。


足場工事に活きる資格をご紹介


ここからは足場工事やとび職人が目指す資格をご紹介します。

玉掛け技能講習
クレーンで荷を運ぶ際に、ワイヤーロープを掛けることを「玉掛け」、ワイヤーロープを外すことを「玉外し」といいます。
その一連の作業の資格が「玉掛け」です。

資格の種類は「玉掛け特別教育」「玉掛け技能講習」と二つありますが、上位資格である「玉掛け技能講習」を修了した者を一般的に「玉掛け」の有資格者と呼びます。

足場の組立て等作業主任者技能講習
足場工事の経験が三年以上ある者が、対象となります。
張出し足場、吊り足場、高さが五メートル以上の組立て解体などの工事には、この「足場の組立て等作業主任者技能講習」を修了した有資格者の配置が法律で義務づけられています。

建築物等の鉄骨組立て等作業主任者技能講習
取得には、三年以上の鉄骨についての工事経験が必須です。
高さ五メートル以上ある建築物、鉄塔の組立解体などの工事には、「建築物等の鉄骨組立て等作業主任者技能講習」を修了した有資格者を配置する必要があります。

ここまで、足場工事にまつわる資格についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?


あなたも黒田組で足場工事に挑戦してみませんか?


黒田組は、「足場鳶」「鉄骨鳶」「重量鳶」で社会に貢献する、とび職のプロフェッショナル集団です。

学歴・経歴・経験等は不問です。
熟練のスタッフがあなたを一人前の職人に育てます。
資格取得支援制度も設けているため、制度を利用して資格を取得することも可能です。
少しでもご興味をもたれた方は、求人ページをご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。